新作錦織本袋帯の紹介です!

新作錦織本袋帯
「菊花鳳凰文錦」
きっかほうおうもんきん
以下解説です。
本品は、かつて日本伝統織物保存研究会の「先染紋織物(錦)の綜合的復元事業」の一として復元した正倉院裂「緑地花鳥獣文錦」をお手本として、創作した裂である。
「菊」は日輪を表わし、鳳凰は鳥属の王として、仁愛、慈悲を体し、その出現は人々の幸運の兆とされている。
また、高松塚古墳の壁画でよく知られているように、古代信仰においては、四神の一、朱雀として、青龍、白虎、玄武と共に宇宙を支配し、表徴するものとして尊崇された。
本品は、かの古代の人々の魂を現代に甦らせんと願い、織り上げた錦である。
龍村 光峯
龍村 周

錦の伝統織物光峯錦織工房

錦の伝統織物を制作する 光峯錦織工房(こうほうにしきおりこうぼう)です。 工房見学や機織り体験にぜひお越しください。現場そのままをご覧いただけます。 観光はもちろんVIPのおもてなし、企業研修、美術館関係者、茶道関係、修学旅行、大学ゼミ、こども自由研究など海外からのお客様、こどもからシニア層の方々まで多くの方々にお越しいただいております。 錦織作家 龍村周

0コメント

  • 1000 / 1000