ギャラリー

2020新作 本袋帯 菊花鳳凰文錦 きっかほうおうもんきん

龍村光峯・龍村周 作

本品は、かつて日本伝統織物保存研究会の「先染紋織物(錦)の綜合的復元事業」の一として復元した正倉院裂「緑地花鳥獣文錦」をお手本として、創作した裂である。

「菊」は日輪を表わし、鳳凰は鳥属の王として、仁愛、慈悲を体し、その出現は人々の幸運の兆とされている。

また、高松塚古墳の壁画でよく知られているように、古代信仰においては、四神の一、朱雀として、青龍、白虎、玄武と共に宇宙を支配し、表徴するものとして尊崇された。

本品は、かの古代の人々の魂を現代に甦らせんと願い、織り上げた錦である。

2020新作 珠鳥文錦(じゅちょうもんきん)

龍村周 作

新疆ウイグル自治区トルファンのアスターナから出土した連珠対鳥文錦を本歌に、古代錦の礎を求めた。完全な真円でもシンメトリーでもない絶妙に描かれた紋様であるが、古代人の感性に触れ、その深遠な様を現代にも捉えたいと願い、錦上に表した。

2019新作「輪子文」

龍村周 作

〈解説〉

子の象形文字を以て手を取り合って楽しく輪になって踊る様子を紋様とした。

「子(ね)」の年に記念すべき東京オリンピック2020が開催される。

スポーツや文化、国と国との和を願い、未来永劫子どもたちが幸福であることを祈る。

錦織「瀬戸のうちうみ」
東宮御所納入

龍村光峯 作

錦織作品「ヴィエリチカの宝」

龍村周 作

錦織「犬喜文」

龍村周 作

錦織「雅の松」
皇太子妃殿下ご婚礼支度品

龍村光峯 作

錦織「和の集」
三田会議所、紀尾井ホール

龍村光峯 作

錦織「フェニックス」
株式会社秩父小野田、山手倶楽部タペストリー

龍村光峯 作

錦織

「色打掛 彩波きらら」

「白無垢 寿福の集」
明治記念館納入

龍村光峯 作




錦織「暈繝段文」

龍村光峯 作

錦織「龍星雲錦」

龍村光峯 作

錦織「三光旗」城南宮

個人受注

龍村周 作

記念品・グッズ

東京国立博物館にて開催の「仁和寺と御室派のみほとけ展」(2018)にて御朱印帳「御衣黄文錦」を制作。

その他、がま口と名刺入れ制作。

龍村周 作

トヨタディーラー世界大会記念品「豊穣青海波」。

テーブルセンターと額を制作。

龍村光峯 作

京都大学卒業記念修士・博士学位ストール

龍村光峯 作

裏千家御家元お好み裂「波上銀杏文緞子」

龍村光峯 作

上田宗箇流御家元お好み裂「陰上田流金襴」

龍村光峯 作